透析生活 腹くくって行きますか~ (仮称)

糖尿病、慢性腎不全、人工透析、大動脈弁置換、冠動脈バイパス、閉塞性動脈硬化症で、ついに左脚切断!さぁどうする!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

糖尿病の怖い話

硝子体出血は透析による急激な血圧の上下が引き金となると前エントリで書きましたが、やはりその根本原因は糖尿病にあります。糖尿病はそれ自体が死に至る病ではなく、合併症の元になる状態です。その中でも怖いのが感染症と壊疽です。早い話が細胞に栄養分が行き渡らなくなって、腐ってしまうことですね。

この時期、足の裏にひび割れが出来て苦しんでおられる方も多いと思います。ボクの場合、長年の間にそれが慢性化して、あかぎれと言うよりもぱっくり割れた状態で乾燥・硬化していたのですが、透析導入の判断をするために入院をしていたときに、看護師さんがそれを見て慌てたことがあります。そこからバイ菌が入って腐り始める危険があるというのです。幸いその病院にはそういった足のお手入れをして継続的に足の状態を監視するという外来科があって、とりあえずは事なきを得て今では足の裏はスベスベです。

糖尿病が悪化して足への異常を感じる初期段階は、まず土踏まずのあたりに違和感を感じるようになり、その後足の裏が痺れてまるで砂浜を歩いているような感覚になります。
さらに感覚が鈍くなり、例えばタンスの角に足をぶつけても気がつかなかったり、お風呂の熱湯に気づかずに火傷をしたり・・・
ボクも足の爪をどこかに引っかけて剥がしてしまったのに、靴下が血で真っ赤になっているのを見るまで気がつかなかったということがありましたし、入院中に知り合った40代の男性は足の裏にあった魚の目からバイ菌が入り込み、気がついたら足の甲が青く腫れ上がり足(足の甲か、くるぶしから先)の切断を余儀なくされたとの事でした。壊疽の場所がスネとかだったら膝下あるいは大腿部からの切断ということにもなりかねませんので、とても怖い話です。

ボクの父も最後は両脚を大腿部から切断してしまったので、その悲惨さは承知しており、自分もそうなるのかという不安がいつもあります。筋肉には生命の維持に必要な成分を貯蔵する役割もあり、従って両脚を大腿部から切断すれば生きる力の大部分を失うと説明されました。

なんか暗い話になりそうでしたが、そうならないようにするための戒めと考えていますという話です。
ま、そうなったら腎不全患者の特権で、アボカドやバナナをトマトジュースで流し込むという手があるな(笑)

スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2009/12/22(火) 23:26:14|
  2. 人工透析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<メリークリスマス | ホーム | やっちまった>>

コメント

はるふぉ~どさん、こんにちは。

糖尿病の方は大変ですね。
食事療法のコトも、合併症のコトも。。。
足の壊疽を起こされる方の多いコト。。。
はるふぉ~どさんも充分に注意されてください。
応援ぽち。
  1. 2009/12/23(水) 07:40:05 |
  2. URL |
  3. 小鉄@うつうつ隊長 #-
  4. [ 編集 ]

炭酸泉浴

そちらでは炭酸泉浴は行っていないでしょうか?
ウチではそのお蔭で、手や足に出来た潰瘍が治った方が居られました。
切断も止む無い状態だったのですけど、暫く続けると良くなって、その必要は無くなりました。
ただ残念なことに、その方の体調が悪くなり、炭酸泉浴を続ける事が困難となって切断に至りました・・・
今は機械が故障し、修理はしない、という決定がされたので、炭酸泉浴は中止となりました。
そのせいか・・・義足の方が2人居られます。

病院で行っていないのでしたら、『ASケア』という名前で、いくつか袋が入った物が販売されています。
ウチは、妻の父が糖尿病なので、以前使用していました。
値段は覚えていないですが、30袋で5000円弱です。
↓以下参照
http://www.shirakami-life.com/goods/gda001/index.html

容器はプラスチックで、10リットル以上の水が溜められ、足をつけた時にふくらはぎくらいまで浸かる物が良いです。
ウチは定期的に洗剤で洗っていました。

これの問題点は、袋に含まれている粉を水に溶かす際に、塩素ガスが発生する事ですね。
換気を良くしておかないといけません。
説明書にも書かれてあったはずですが、包みを入れてガスが消えたくらいで、足を10~20分ほど浸けます。
水温は、高すぎると溶解している炭酸ガスが揮発して抜けやすいので、ぬるま湯程度が良いです。

以前は、透析研究会でもいくつか報告がありましたが、最近はあまり見かけなくなりました。(汗)
「透析百科」というサイトにも載っているので宜しければご覧下さい。
http://202.216.128.227/%93%A7%90%CD%95S%89%C8/22.17.htm
  1. 2009/12/23(水) 19:25:13 |
  2. URL |
  3. Nishi #tXhGBN.2
  4. [ 編集 ]

はるふぉ~どさん、こんにちは。

わたしは糖尿ではないのですが、糖尿で透析をしている人をたくさん見てきました。
いやぁ、みなさん苦労されてますね。
特に目をやられる人が多いですね。
足の壊疽も。。。
どうぞ食事管理を徹底されて、大事になさってください。
応援ぽち。
  1. 2009/12/24(木) 07:02:46 |
  2. URL |
  3. 小鉄@うつうつ隊長 #-
  4. [ 編集 ]

Re: >小鉄さん

こんにちは。

懇親会や時間待ちの井戸端会議等に参加すればともかく、日常のクリニック通いではどなたが糖尿病性なのかなんて分からないんですが、結構な方が該当してるんでしょうね。
某2ちゃんねるあたりじゃ、1型糖尿病の方に「自業自得だ」、糖尿病性以外の方からは「不摂生したのが悪い」と罵られますが、まさにその通りなのでぐうの音も出ません(笑)

友人にも糖尿病予備軍がちらほらおりますが、今までなにひとつ世のため人のために貢献らしいことをしてこなかったボクにとって、彼らに警鐘を鳴らす人柱になることが唯一の恩返しになるのかなぁと思っています。

そのためにも長生きしなくちゃ。目指せ!老齢年金受給!(爆笑)
  1. 2009/12/24(木) 10:59:21 |
  2. URL |
  3. はるふぉ~ど #-
  4. [ 編集 ]

Re: >Nishiさん

こんにちは。

> そちらでは炭酸泉浴は行っていないでしょうか?

ウチの父親の時にやってもらいました。書くと長いのですが、早い話が手遅れだったと言うことです。膝下だったら義足でいけたんですけどね。まぁ大正生まれということで、ご多分に漏れず「戦時を生き延びたんだから御の字」といって治療を真剣に受けなかったんですね。
幸いボクは今のところ壊疽などに至りそうな兆候はありませんが、常に注意するよう心がけています。

ご紹介頂いたURLをゆっくり参照してみます。ありがとうございました。
  1. 2009/12/24(木) 11:27:26 |
  2. URL |
  3. はるふぉ~ど #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cowntdown82.blog20.fc2.com/tb.php/93-1b3c2f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:はる

仙台市在住のおっさん。
2009年糖尿病腎症により人工透析開始
2010年心筋梗塞
2011年大動脈弁狭窄により機械弁置換
2012年冠動脈バイパス手術
2017年閉塞性動脈硬化症の悪化による左下肢切断
義足生活に対応すべくリハビリ中。娘を学生生活に送り出し現在は妻と犬2匹の生活を送っています。

最新記事

カテゴリ

病状報告 (106)
血液検査データ (10)
人工透析 (40)
心臓病 (36)
病気全般 (16)
料理と食事の管理 (20)
料理の記録 (12)
食品・食材 (8)
趣味その他 (5)
日々のいろいろ (30)
オヤジの小言 (5)
お読みください (3)
Youtube - 音楽 - (16)
未分類 (0)
保存期食事 アーカイブ (26)
義足への道 (8)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。