スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビーフチャーハン

食事の基本は炊きたてご飯、というのが条件なのですが、それでも余ったご飯を何とかしなくてはいけないことはよくありますよね。今までは市販のお茶づけ海苔なんかが多かったのですが、あれは塩分がかなりありますので、最近はだし汁をとって自作しています。
それと双璧をなすのが、やっぱりチャーハンです。これもちょっと気を抜くと塩分がかなりアップしちゃいますので味は二の次にならざるを得ません。そのチャーハンの具ですが、先日、コンビーフを使ってみました。コンビーフというと脂肪と塩分の固まりみたいなイメージがあったのですが(だからこそ好きだったともいう)、よく見てみると意外とそうでもない。そこで試してみました。

コンビーフチャーハン

-----------------------------------------------------------------
・コンビーフチャーハン
   ご飯 180g
   コンビーフ 50g
   小松菜 45g
   卵   25g
   有塩バター 4g
   黒こしょう 0.5g
   サラダ油  4g

・きのことキャベツの温サラダ
   キャベツ  100g
   ぶなしめじ  30g
   ドレッシング 15g

-----------------------------------------------------------------
エネルギー 596kcal
タンパク質 20.7g
脂質    22.1g
炭水化物  77.6g
食塩相当量  1.8g

味は、コンビーフとバターの塩分・風味で十分です。タンパク質を抑えたいときはコンビーフを減らし、そのぶん塩をわずかに振ってみてもいいでしょう。ずっと以前ですが某巨大掲示板で「コンビーフよりニューコンミートのほうがご飯に合う」というのをみた記憶がありましたが、どっちでもいいような気が・・・ というか、そんなに味に差はないと思いますけど。ちなみにコンビーフが100%ビーフなのに対して、ニューコンミート(ニューコンビーフ)は馬肉等が混ぜてあるものを指します。
本来は小松菜よりほうれん草の方がほどよくクタッとなっていいような気がしますが、カリウムの量が多いのと季節的なこともあり、小松菜を使用しました。

キャベツとキノコは適当に切って皿に盛り、ラップ&レンジで簡単にできます。ちなみに今回使用したのは商品名「すりおろしオニオン」というドレッシングで、きのこに合うとの触れ込みでした。


スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。