スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての透析

第一回の透析が終了しました。感想としては「暇だなぁ~」

体重と血圧の測定などの手順を指導されて、いざベッドへ。ダイアライザーまわりを観察していると、いよいよ担当の看護師さんが登場です。
「これが針」といって見せられたのは思っていたより細い針で、痛みはほとんどありませんでしたが刺してからグゥ~っと差し込まれていく感触が不思議というか。
あとはまぁされるがままで、iPodで音楽を聴いて過ごしました。途中で軽い昼食として、助六寿司(っていうのかな)がでました。が、あまり美味しくなかった(笑)

とりあえず初回と言うことで三時間、除水量も低めに設定してくれたようですし、痛いとか辛いとか苦しいだとか言うことは全然ありませんでした。とはいえ、たぶんすぐに尿が出なくなるらしいので、そうすると除水も増えてそれなりに体に負担がかかってくるんでしょうね。

というわけで、初透析のご報告でした。

「クレアチニン高いと 主治医が言ったから 10月6日は透析記念日」 ツマラン

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

昨日が透析導入日だったのですね。
初穿刺は痛くなかった様でよかったですね。

私の時は、普通の注射針だと思ってたのでビックリするやら、
これで綺麗な左腕は(当時は?)傷跡で見られなくなってしまうのか~と、
そちらの方を心配してしまいました(笑)

10月6日は、はるふぉ~どさんにとって大切な日ですね。
初めての透析お疲れ様でした。

>びおらさん

おかげさまで初回はすんなりいきました。

確かに、特に女性にとっては穿刺跡や育った血管はちょっと・・・ かもしれません。
でも命をつなぐものですから仕方ありませんね。

自分で書いておいてなんですが、昔っから記念日とか覚えるの苦手でして。
それで若い頃はちょくちょくもめました(笑)
プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。