スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大動脈弁置換術 1

以前、カテーテル検査の時に「地獄の苦しみ」とかなんとか書いたような気がするけど、撤回です。そんな生やさしいモノじゃありませんでした。
ごめんなさい。心臓手術回避できるならカテーテル検査10回やっても文句は言いません!
というくらい大変な目に遭いましたが、なんとかこうやってブログを綴れるようにまでなりました。まずはご報告。

前日は看護部・手術部の看護師さんと麻酔医の先生(某医療ドラマに出てくる大塚寧々扮する麻酔医みたいに美人でしたw)がそれぞれご説明においでになり、必要な説明を受けて同意書にサイン、準備が整いました。
特に緊張もしませんでしたよ。成功すれば目覚めるのだろうし、失敗しても麻酔から醒めず苦しまずに済むんだなと思えば気楽なモノです。死んだ後のことは妻とは打ち合わせ済みだし(笑)

さて、当日です。車椅子の私と妻はお迎えの看護師さんに連れられて手術部へ。入り口前のホールにはもう一組手術のご家族がおられましたがこちらは十数人の大お見送り隊。あれがふつうなのかな(笑苦) さて、妻とはここでお別れです。
折りたたみ式両開きドアがいかにも手術部って感じで、ずんずん入っていくとたくさんの看護師さん、手術スタッフが両側でお出迎え。移動しながら水色の不織布キャップをかぶせられ、一番奥右手の手術室へ。
「今日の手術はこちらで行います」
ドラマのセットそのもの。おお!これが人工心肺装置か!と感心している間もなく
「はい、では手術台にあがってください。頭はコチラです」
 ね、寝心地は悪いw
 
そこへ麻酔医の先生登場。
「では右手をこの台においてね。最初チクッとします」
その後、痛くはないけど動脈注射特有のあのいや~な感じがしましたがほどなく終了。
「ボーっとしてきませんか?」
「いえ、まだ・・・ あ、きたき・・・」
次の瞬間、まるで分厚い布を頭からかぶせられ一瞬で袋詰めにされてしまうような、そう「ブォッ」という音がするような感じで、意識が遠のくというのではなくまさに【終わった】という感じがしたのでした。

そして次に意識を取り戻したのは・・・ つづく

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。