スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術日程変更

16日の月曜日の透析中、心臓の先生が透析室にやってきました。何事?と思ったら「明後日、手術いいですか?」
どうやら予定されていた患者さんが体調を崩したらしくて繰り上がったようです。あまりに急だったのだけど早いに越したことはないので了承し、翌日の夜に家族を呼んで主治医からの説明ということにしました。
手術後には集中治療室行きになるため一般病室を明け渡さなくてはいけませんので、荷物を整理したりとバタバタでした。

ところが、夜になって「やっぱり来週以降に延期」
実は心筋梗塞以来飲んでいた血液を固まりにくくする薬であるバイアスピリンとプラビックス、これを手術の一週間前から中止する必要があってストップしてはいたのだけれど、まだ中止から4日。やはり大事をとってしっかり一週間以上待ちましょうということになったわけです。

まぁ二転三転した手術日程ですが、循環器専門病院ならいざ知らず他科の手術との兼ね合い(麻酔医など)からも、またいろんな病院から重症患者が送り込まれてくる大学病院ゆえに、仕方のないことだと割り切っております。
手術を受けることを決断し覚悟を決めたのに延び延びになると、再びふさぎ込んでしまったりする患者さんもいらっしゃるとのことですが、つくづくボクは呑気なんだなぁと思います。

余談ながら、18日、手術中止 → 食事中止の中止w の連絡が行ってなくて朝ご飯が待てど暮らせどやってこない、なんてハプニングがありました(笑)
スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。