透析生活 腹くくって行きますか~ (仮称)

糖尿病、慢性腎不全、人工透析、大動脈弁置換、冠動脈バイパス、閉塞性動脈硬化症で、ついに左脚切断!さぁどうする!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これまでの病歴 2

前回(といっても一ヶ月近く前ですが)、糖尿病から腎不全への進行期(と、今になって思う)の話を書きましたが、その続きです。

その頃、酔っぱらって放置自転車に躓いて膝の皿を割ってしまいました  たはー
たまたま高校時代の同級生に整形外科の医師がいたので診てもらったのですが、「糖尿の方が心配だ」といわれ、糖尿の専門医を紹介してもらいました。実はそれまで、子供の頃から世話になっていた町医者で診てもらっていたのですが、大正生まれのご老体で「糖尿病は本人の自覚次第」としか言ってもらえず月に一回の血液検査でも「これじゃあダメだな」とお説教されるばかり
私自身も軽く考えていたため、それがどれだけ深刻な事態につながるかという想像にすら結びつけることがありませんでした。

そんなわけで HbA1c 9.5とか食前血糖が230とか、低血糖?ナニソレ?状態で十年が過ぎました。もちろん、その間に3回くらい教育入院(目標血糖値を維持するための生活改善を目的とした入院)はしましたが、終わってしまえば、あらえっさっさーってなもんです(笑)   いや、(笑)じゃないですけど

で、その糖尿病専門の先生、初めてお会いしたときから「腎不全になるからな、透析も避けられないぞ」と脅されたわけですが、実は脅しでも何でもなく現実に迫った事態だったというわけです。
なんとかその先生の下で二年ほど血糖管理をし、糖尿病の状態は改善されてきました。たしか HbA1cが 6.5くらいまで下がっていたはずです。ところがその頃から血圧が上昇、190/125とか上が 200オーバーのことも珍しくなくなりました。足の浮腫も悪化し、糖尿病性網膜症になり、クレアチニン値が急上昇したのもこの頃でした。で、とうとう腎臓病で有名な現病院へ送られる羽目となりました。

過去の症状として 強烈な下痢がありました。お腹が痛くなるのではなく、何の前触れもなくウッ!とくるんです。便ではなく殆ど水しかでません。落ち着いたと思って始末をし、便座から立ち上がると第二波がくる・・・ の繰り返しで、下手すると30分以上籠もりきりとか(消化器自体に水が溜まっていた?)。
それと猛烈な震えがありました。顔は火照っているのに、みぞおちあたりから肩までがブルブル震えっぱなしになるんです。これは怖かったですね。あくまでネットで調べた素人考えですが、甲状腺機能低下に依るものではないかと思っています。

こうして現在のおきらく闘病生活に至ります。

スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2009/07/04(土) 14:01:54|
  2. 病気全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<酢豚 | ホーム | さんまの缶詰>>

コメント

どうも♪

うーん、やっぱり町医者からなんですね・・・。
僕もどこの病院に行っても毎回のように「ちょっと血圧が高いねぇ・・・。若いから血圧の薬は飲まなくていいけど、もうちょっと痩せないと!」って言われるばかりでした。^^;;
(僕の場合、糖尿ではなく「高血圧症」です)

ところで、からだの調子が少し悪いなーって思ったときに、市販薬やサプリで済ませようとかしませんでした?
入院中に同じ病気の人と会話してたら、それらしい心当たりがあったみたいですので気になって・・。(笑)
  1. 2009/07/04(土) 16:47:33 |
  2. URL |
  3. トムソウヤ #e8dqewdg
  4. [ 編集 ]

Re: どうも♪

こんにちは。

> うーん、やっぱり町医者からなんですね・・・。
まぁ私の場合は病気や原因を見落とされたというわけでもないので、自身の認識さえしっかりしていれば、という自業自得の面が大きいんですけどね(笑)

> ところで、からだの調子が少し悪いなーって思ったときに、市販薬やサプリで済ませようとかしませんでした?
急性膵炎から来た糖尿病なので即インスリン投与となりましたし、それで事足りると勝手に解釈していたため、サプリメントを飲むとかそういう意識すら持ってなかったというか・・・ で、調子が悪いと感じたときにはもう手遅れだったという感じです。

高血圧については脳梗塞などの危険性は承知していたものの、腎臓に悪影響があるとは知りませんでした。そういえばTV通販とかで血圧を下げるサプリとか宣伝してますね。それに頼りきって安心するのではなく健康を維持するんだという意識を持ち続けるという意味では、私のようにな~んにも考えてないよりはマシなのかもしれません。まぁ毒にも薬にもならないと思って使う分には(笑)
  1. 2009/07/06(月) 11:26:42 |
  2. URL |
  3. はるふぉ~ど #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cowntdown82.blog20.fc2.com/tb.php/18-b58d7404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:はる

仙台市在住のおっさん。
2009年糖尿病腎症により人工透析開始
2010年心筋梗塞
2011年大動脈弁狭窄により機械弁置換
2012年冠動脈バイパス手術
2017年閉塞性動脈硬化症の悪化による左下肢切断
義足生活に対応すべくリハビリ中。娘を学生生活に送り出し現在は妻と犬2匹の生活を送っています。

最新記事

カテゴリ

病状報告 (106)
血液検査データ (10)
人工透析 (40)
心臓病 (36)
病気全般 (16)
料理と食事の管理 (20)
料理の記録 (12)
食品・食材 (8)
趣味その他 (5)
日々のいろいろ (30)
オヤジの小言 (5)
お読みください (3)
Youtube - 音楽 - (16)
未分類 (0)
保存期食事 アーカイブ (26)
義足への道 (8)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。