我が家の犬

ウチではジャックラッセルテリアを飼っている。名前は「さくら」。以前はもう一匹いたのだが、可哀想なことに6歳で病死してしまった。これが在りし日の「リリ」。
とっても賢くて、ゆえにボクにはなつかなかった(爆笑) ボクはただの散歩係だったような気がする。

リリ

現在の「さくら」は後日あらためて紹介することになるだろうが、これは「さくら」がやってきた日のショット。先住犬の「リリ」に無鉄砲に戦いを挑んでいるところだ。

vsさくら

そしてこてんぱんにやられているの図。

さくらの負け


そもそもジャックラッセルテリアは小型ながら運動量が多く毎日思いっきり走らせるのが理想なのだが、ボクが腎不全になってから脚の筋肉がげっそりと落ちてしまい一緒に走ってやれなくなってしまった。
妻と交代ではあるが毎日の散歩は欠かさないように努力してはいるものの、どうも力をもてあましているようで、時々スイッチが入って狂ったように走り回る。
せめてきちんと躾ればよかったのかもしれないが、散歩の時も飼い主を引っ張るように前へ前へと行ってしまううえに右に左に自由自在というか気ままに走るので、自転車での散歩は危険!
また、狩猟犬なので鳥やネコなどを見ると鉄砲玉になってしまうので公園でもリードをはなすことはできない(マナー上もね)。
夢は宝くじを当てて、さくらの運動場用の土地を買うこと。そしたら自宅透析用の小さな家屋も建てようかな(笑)

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク