透析生活 腹くくって行きますか~ (仮称)

糖尿病、慢性腎不全、人工透析、大動脈弁置換、冠動脈バイパス、閉塞性動脈硬化症で、ついに左脚切断!さぁどうする!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心筋梗塞 --- その4 ---

その3から続く

さて、腰が痛い、背中が痛いと苦しみながらも圧迫止血が終わりました。しかし、本当の苦痛はここからでした。
止血器具から解放されたのもつかの間、こんどは腰から膝上までガムテープのようなもので両脚を密着固定です。
グルグル巻きではありませんが、とにかく「気をつけ」状態で、正面から見ればツタンカーメンみたい?な感じですね。
それまではローリングして体位を変えたり固定されていない脚は若干でも動かして過重を分散させたりもできましたが、今回は本当に動けません。腰から上は動かしていいよと言われても両脚固定では気休めにもなりませんでした。
次第に痛いとかいうのを通り越して「おかしくなる」感覚が襲ってきて、叫び声を上げそうになったり血だらけになってもいいから脚を動かしたくなったり・・・ やっとのことで先生に「気が狂いそうですよ~」と訴え鎮静剤みたいなのを点滴してもらい、汗びっしょりになりながら眠りに落ちました。

「いやぁ、よく頑張りましたね」の声とともに、脚を固定していたテープが剥がされ解放されたのはやはり数時間後、感覚的には半日くらいでしょうか。もう、精も根も尽き果てたっていうにはこのことだろうな、ってなくらいにへとへとになってました。
すると看護師さんが安静度表をもってきて、あなたは安静度2、つまりトイレも食事もやっぱりベッド上と告げられました。
理由としてはまず心筋梗塞、つまり心臓への血液供給が滞り心筋の一部が壊死している状態であり、せめて仮死状態(?)で踏みとどまっている心筋が復活するまでは心臓に負担をかけることは許されない、下手すると心臓が破裂するということでした。
もうひとつは、長時間ベッド上にいたので脚力が落ちていて転倒の危険があるとのことでした。

こうしてカテーテル治療はひとまず終了したのです。

--- 続く ---
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/06/04(金) 17:01:41|
  2. 心臓病
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野菜の冷製スパゲッティ | ホーム | 退院ケテーイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cowntdown82.blog20.fc2.com/tb.php/129-fb1fbcb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:はる

仙台市在住のおっさん。
2009年糖尿病腎症により人工透析開始
2010年心筋梗塞
2011年大動脈弁狭窄により機械弁置換
2012年冠動脈バイパス手術
2017年閉塞性動脈硬化症の悪化による左下肢切断
義足生活に対応すべくリハビリ中。娘を学生生活に送り出し現在は妻と犬2匹の生活を送っています。

最新記事

カテゴリ

病状報告 (106)
血液検査データ (10)
人工透析 (40)
心臓病 (36)
病気全般 (16)
料理と食事の管理 (20)
料理の記録 (12)
食品・食材 (8)
趣味その他 (5)
日々のいろいろ (30)
オヤジの小言 (5)
お読みください (3)
Youtube - 音楽 - (16)
未分類 (0)
保存期食事 アーカイブ (26)
義足への道 (8)

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。