スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揚げかた焼きそば

水分制限・・・ ツライというほどではないっていうか、そこまできっちりできてないのかなw
少なくとも口からゴクゴク飲むのは一日800cc程度のはず。  多分(笑)

で、指摘されたのが食べ物に含まれる水分。ご飯や麺、野菜だって結構水分を含んでいる。
麺類は塩分が凄いというのは当然だが、泣きたくなるような薄味wで食べればいいや、ってな感じで食べていたけど、麺自体の水分まで考えないといけないのか~

というわけで残っていた「げんたうどん」で揚げかた焼きそばを作ってみた。普通より固めに茹でて水でぬめりをとったら水気を切り、焦がさないように低温でじっくり時間をかけて揚げた。ごらんの通り自分としては上手くできた気がするのだが・・・

揚げ焼きそば


豚肩ロース ......60g
白菜 ......100g
しいたけ ......20g
小松菜 ......35g
水煮タケノコ ......40g
人参 ......15g
中華スープの素(ウェイパー) 小さじ1/2
減塩醤油 ......小さじ1/2
食塩 ......0.3g
酒 ......大さじ1
片栗粉 ......小さじ1
げんたうどん ......100g
揚げ油 ......13g (素揚げ給油率8%だが・・・)

エネルギー 687kcal
タンパク質 17.5g
脂質  25.1g
炭水化物 94.9g
カリウム 646mg
リン 241mg
食塩相当量 1.8g

------------------------------------------------------------------------

かた焼きそば


水分を減らすために麺を揚げたのだから、かける方の「餡」もできるだけ少なくしないと意味がないので、具はたっぷりだけど汁けが少なめで麺が最後までカリカリ。っていうかバリバリw
食べるにつれて少しずつ餡の水分を吸って麺が柔らかくなっていくのがいいのだけれど、仕方あるまい。

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

久々に順調な透析

というわけで、DWアップに伴いずいぶんと楽になるはずだった体重管理。ところが血圧低下の壁は厚くて、点滴やら生食入れたりで4時間でも3㎏引くのは殆ど絶望的(笑)
あ~ これはまたECUMやってもらわないといけないかな~ でもそれが常態化するのも良くないような気もするしな~ 一回でいいから週4回やってもらおうかとも思っていました、その矢先。

ドクターより「今日は30分延長しなさい」とのお言葉。残業ECUMではなく、単純に透析延長。これだと血圧が下がったら元の木阿弥だけど、とにかくやってみようということで4時間30分で3㎏除水で透析開始!
今回はね、穿刺も幸先良し。なんたっていつも苦労する静脈側は足首のところに刺しましたが、もともと糖尿の神経障害で感覚が鈍いとは言え知らないウチに刺し終わっているという・・・ 糖尿患者としては喜んではいけないのだがw
で、刺し直しは皆無だがそれなりに痛い動脈側も今回はホントに え?いつ刺したの? というくらいに痛みナシ。

で、で、血圧低下もいつものような60、70台なんてこともなく、一瞬95まで下がったもののほどなく回復、ほぼ110台で終始して3.2kg除水に成功! 普通なら急激な血圧低下のトリガーになる居眠り(実は爆睡w)ですが、今回は途中でちょっと居眠りしたけど影響なし。良かった~
いつもと何が違ったのかは不明ですが、これが続けばいいな~

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

DW 大幅アップ~

先日、あまりにもDWへ戻れないので検査してもらいました。HANPとBNPという指標です。
HANPは体内の水分が多くなって心臓に負担がかかると上昇する数値のようで、除水後の数値が高い場合、DW設定が高くて除水量が足りずに心臓に負担がかかっているという判定のようです。

一方、BNPは体内の水分増加でも変動するものの変化量は少なく、むしろ心疾患の状態を測るのに使われる数値のようです。ボクは心筋梗塞を起こしていますから心臓の一部が機能していない(と思う)ので、もともと恒常的に心臓の残存部分に負担をかけており、当然その数値ははっきりとそれを反映しているものでした。よってBNPでベースとなる(体液増加の影響をほぼ排除した)心臓負担の程度を見て、そのうえでHANPと併せて検討しDWが適正かを判断する、そういう事ではないかと推測しました。

その結果は パンパカパーン

DWが一気に2㎏アップ~ ピーヒャラ ドンドン 

なんのこっちゃ、単にデブになっただけでした(笑)
というわけで、透析後半の背中の痛みは起きなくなりました~ でも血圧低下はかわらず・・・

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コインランドリー・ブルース

柳ジョージ 「コインランドリー・ブルース」



夕方寝過ぎちゃって今夜は寝付けないので、こんな時間にもうひとつエントリあげちゃおう。明日の仕事ダイジョウブかなw

大学生の頃、「じゅわいよくちゅーるマキ」のCMだったと思うが、毎晩しつこいくらいに流れていたものだ。独り暮らしにも慣れ、別にホームシックということもなかったし、残念なことにこの歌詞のような色気のある生活だったわけでもなかったが(哀笑)、いや、だからこそか、気になる曲ではあった。

「どれくらい働いたら幸せが買えるだろう」

曲がりなりにも大学を出たら社会に出て、世の役に立つ仕事をすると希望に燃えている時期であるw
聴くたびに落ち込んだ気がする。
カネだけじゃ買えない真の幸せを求めているのにカネという方法しか残されていないという詞なのか、それともカネを出せば手に入る程度の幸せを幸せと呼ぶしかない境遇の詞なのか・・・
幸せってそんなもんじゃないだろ!なんて考えていたものだ。

だが考えてみればこの20年くらいだろうか。「幸せはカネで買える」と豪語する男が一世を風靡した。カネの出所なんかおかまいなし、とにかくカネがあるヤツが勝ちという風潮だ。カネさえ払えばどんな理不尽でも許されるという考えが蔓延している。この詞を、もういちどよく聴いてみたい。

「流れ続けて生きていけるなら おまえの言った幸せも買えるだろう」

『おまえの言った幸せ』とはどんなものだったんだろう・・・

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

Lonely Journey

山本達彦 「Lonely Journey」


高校生か大学の頃にやっていたダンロップタイヤのCM曲だった。蜃気楼のような立ち上る熱気のむこうからレーシングカーが迫ってくる画だったのではないかな。ネットで調べたら「ル・マンJ2」という商品だったそうだ。サビの部分の「ロマン・・・ ザ マン・・・」という歌詞が「ル・マン ル・マン」に聞こえたのは確かだが、今考えるとちょっと無理があるかw

当時ロック小僧だったボクにしてみれば、邦楽といえばアイドル全盛時代だったし、だからといってオトナの音楽といえば演歌かムード歌謡だったのだから、総じて邦楽というもの自体をある意味で下に見ていたところがあった(笑)
そんな時にふとCMで耳にしたこの曲は、都会的でオトナな雰囲気を醸し出していたこともあって、気になっていたのである。ただ、コーヒーのCMで「夏の愛人」がヒットするまでは、他ジャンルファンだったボクをを引き寄せるほどメジャーということもなかったので、レコードを買うこともなかった。そして現代、こうやってyoutubeで再会したというわけである。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ECUM併用

最近、ずーっと透析中の血圧低下が激しくて、4時間での除水がよくて3kg、食事や補液、点滴を入れている分があるので実際は2.5kgも引けていませんでした。
なので、ずいぶん前に不摂生で一気に増やしてしまった分に引ききれなかった分が毎回のように積み増しとなり、DW69.5kgに対してどうがんばっても73~74kgからの開始となっていました。

そこで、看護師さんからECUM併用の提案がありました。ECUM(イーカム)とは透析回路を使うけれども透析液を流さず除水のみを行う方法です。従って尿毒素の除去は殆どされませんが、透析しながらの除水にくらべて血圧低下が少ないといわれています。
ネットで調べたところ、まず通常の透析を行い、「残業」と称してECUMをするケースが多いようでしたが、今回はまずECUMで血圧低下を防ぎつつ除水し、その後通常透析を開始するという方法を採りました。ボクの場合は血圧が下がり始めると一気に下がり、生食を入れるか返血するまで快復が見込めないため、グリセオールも血圧低下が起きてからでは効果が限定的ということで透析開始直後から点滴しています。この「ECUM残業方式」ではない「早出ECUM方式」は、とにかく下げないことを第一に考えた結果なのでしょう。

その結果は・・・
1時間で2㎏の除水(!) ホントかよと思いましたが、なんと開始時血圧170、ECUM終了時血圧124と目論見通り。感動しました。が、その後の3.5時間の通常透析で2㎏というボクにしてはかなり緩やかな除水でも血圧が67まで下がってしまって、結局は生食注入等で殆ど引けずに終わってしまったのでした。う~む

2回続けてECUM併用してみましたが、ECUMが血圧低下に強いというのを目の当たりにした反面、やっぱり通常透析をした途端に血圧が下がるというのに変わりがないことも思い知らされました。

さぁ、どうすりゃいい? 1回くらい通常透析なしの4時間ECUMオンリーやってみるとか(笑)

続く・・・

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

針が刺せない

最近、静脈側の穿刺が上手くいかないようになってきました。看護師さん曰く「血管が硬い」。
いままで一番よく使っていたところはガチガチだそうで、2番目に使っていたところはちょうど肘の裏側ですが、血管が曲がっているらしいこともあって静脈圧が高くて上手くいかない。
最近よく使うようになったのが手首の外側、つまりシャントの裏ですが、これもなかなか上手くいかなくなってきました。

それでもまぁ最後には上手な看護師さんが現れて何とかなっていたわけなのですが、ついに先日は5人の看護師さんが入れ替わり立ち替わりでも上手くいかず・・・
こんなになってしまいました。





実はこの他にも右手首付近と左足首にもトライしましたから8カ所失敗ということです。
「今日は透析お休みって事でいかがでしょう?」と言ってみたものの、みなさん必死ですから冗談が通じるわけもなく・・・ っていうか聞いてないし(笑)
結局、左脚の膝裏に刺して事なきを得ましたが、翌日、左腕は内出血がもの凄いことに(笑)

総合すると、全体的に血管が細くてくねっているというのが第一、次に動脈硬化で血管が硬くボロボロなのでちょっとしたことで内出血してしまうということなのでしょう。あとは皮膚が硬くてそれを突き破るために強めに刺すとそのまま血管を傷つけて内出血してしまうというケースだそうです。
いずれにせよこれじゃぁ、透析も始まりません。
さぁどうする?

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

二人のアカボシ

キンモクセイ 「二人のアカボシ」

何年か前の紅白歌合戦で偶然耳にした。当然、それまでバンド自体も曲も知らなかったが、聴いた瞬間に何故かピンときた。ボクらの年代が好みそうなメロディなのだろうか。
のちに改めて歌詞を読んでみた。ジンときた。

地元仙台に戻る前は千葉に住んでおりその前は横浜だったから、夜のドライブは首都高横羽線や湾岸線、第三京浜というのが定番だった(当時、湾岸線は昭和島あたりまでで東扇島方面へは行けなかった)。
ちょうど川崎に入って浅田や生麦あたりで海側を見ると、日本鋼管などの工場が続いていて、まさにこの曲で歌われている情景が広がっていたわけだ。深夜でも工場の照明に煙突からの煙が不気味に浮かび上がっていたのは忘れ得ぬ光景だ。

当時は自身の体調を崩したり、郷里の両親も病に伏せったり、会社を辞めるドタバタなどが重なったりして精神的に弱っていた時期でもあったし、その時点で彼女はいなかったけれどそれまでの思い出もあったから、この曲を聴くたびに当時が思い出されて心に迫るものがあった。初めてカラオケで歌った時などかなり酔っていたせいもあって、つい歌いながらベソをかいてしまったほどだ(苦笑)

そろそろ歌いに行こうかなw




にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

Burning Heart

Fair Warning "Burning Heart"

ハードロックです。ヘヴィメタルではありません (キリッ
でも、我々日本人の感覚では、まさに「演歌」です。曲の展開やサビはもちろんですが、なんたってギターソロはまさに演歌です。泣けるぜw
カラオケDAMで何度か歌ったけど、演奏がショボイ(笑)
やっぱ洋楽はUGAかな~




にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ちょっとした、でもうれしかったこと

この土・日に毎年恒例となっている「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」が開催されました。
仙台の中心部を走る「定禅寺通り」沿いの公園やビルのエントランススペースなどを中心に事前審査を受けた数百グループが演奏し、仙台の街が音楽一色となる音楽イベントで、今年で20周年となりました。
「ストリートジャズ」と言ってもスタンダード、モダン、ビッグバンドといったいわゆるジャズミュージックはもちろん、ロック、ラテン、フォークロア、ゴスペルなど、とにかくその間口の広さで規模拡充とファンを増やしてきたイベントです。
今年はあいにくの雨模様でしたが、晴れていれば一日街中をぶらつき多種多様な音楽に触れながら楽しい一日を過ごすことができます。
実は妻の姪が所属している小・中学生だけのビッグバンド編成のグループが、今年も参加していたので聴きに行ってきました。雨とは言っても・・・ 100人中95人は傘をさすけど濡れながら歩いているヤツが5人はいそう、そんな雨の中、傘嫌いのボクと娘、愛犬さくらでとぼとぼと会場へ。ちなみに妻は一足先に会場入りして姪親子と昼食をとっていました。

演奏中、ボクは犬がいるので聴衆とちょっと離れたところに佇んでいたのですが、やはり体力がないのか、結構強くなってきた雨の中、オブジェ風の石垣に腰掛けながら途中でうつらうつらとしていたんです。すると突然「あの~・・・」と声をかけられました。
目を開けると小学生高学年くらいの間違いなく双子と思われる女の子。
「私たち傘を二本持っていますから一本使ってください」
そうねぇ、犬を連れた中年男が雨に濡れながらうつむいていたのですから、具合が悪くなってうずくまっていたように見えたかも知れません。
「あぁ、おじさんね、このくらいの雨は平気なんだよ。っていうか、雨を愉しんでいるんだ。でも、気にかけてくれて本当にありがとう。その優しい心遣いに心から感謝するね。」

親か誰かに言われたのかも知れないけれど、本当に心が和んだ出来事でした。ウチの娘だったら知らない大人に声をかけて、なんて絶対出来ないと思う。もちろん、声をかけた相手が悪ければ事件に巻き込まれるかも知れない時代でもあるわけですが・・・(悲)

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。