スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心筋梗塞 --- その3 ---

その2から続く

さて、CCUというところに運ばれてきました。CCUは主にボクのような心疾患の患者を常時監視・ケアするところです。所狭しとベッド(=重篤患者)が並び、あちこちでピコピコピーピーモニタの音が鳴っています。

「ここで一段落付くまで過ごしてもらいます。ベッドから降りてはいけません。トイレも食事もベッド上で、必要があれば看護士がすべてお手伝いします」

早い話がごはんはあ~んしてやるよ、溲瓶とポータブルトイレで用を足せと。うぇ~ん。
とはいえ幸か不幸か、無尿ではないがそう頻繁に行く必要もないし、リン吸着剤(フォスブロック)の副作用で基本便秘だし、なんとかなるとタカをくくっておりました。
状況はと言えば、カテーテルを通すためのシースと呼ばれる管(?)が太ももの付け根に刺さったまま。緊急時いつでも再手術できるようにということなのか。
この状態でとにかく仰向けに寝た状態で過ごす。寝返りは打てないが、管の刺さった方の脚を軸にした1/4ローリングはしていいよとのことで、上半身をひねったりしながら看護師さんにごはんを食べさせてもらう。

------ ここから先の時間に関する表記はボーっとした中での記憶をたどったもので
                    正確ではないばかりか、思い違いもあるかも知れません ----------------

半日くらいたっただろうか・・・ 主治医の先生が来て、そのシースというのを抜くことになった。抜くのはまぁ痛くない部類なんでしょう、ほんの一瞬うっとなったくらいで終了。だが、挿管していたところはまぎれもない動脈、止血がタイヘン。 大きな万力のようなもので止血パッドとともに太ももを挟み、圧迫。
一方で空気圧で脚を締め上げるのだが、それを受ける側の土台部分、かなり厚みがあって(感覚的には5センチくらいはあったような気がする)、まるで腰骨あたりを支点に鯖折り状態で数時間固定。
はっきり言って苦しかった。それでもうんうん唸っていたら看護師さんが背中をさすってくれて随分と救われたというか、ホントに天使に見えましたよ。

--- 続く ---

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

退院しました 眼科手術

おかげさまで眼の手術も無事終わり、術後の経過も良好と言うことで、5月17日退院しました。
もう視界バッチリです。さっそく快気祝い(笑) いっぱい歌ってきました。
正直に言います。どうやって帰ってきたのか記憶ありません。酒は病気の事情を知ってるマスターが焼酎ロック3杯だけといって従業員の女の子たちにも言い含めてくれたので、それ以上呑んでいないのは間違いないのに。哀しくなるくらい弱くなったって事ですよね。

さぁ、これまで眼が疲れるので本もろくに読めない状態だったので、とりあえず気になる本はamazonで買うだけ買って積んでおいたのが十数冊・・・
いや、それよりも仕事その他、後回しというか、眼が治るまで放置していた案件がいくつかあるので、それをやっつけてしまわないと!

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

心筋梗塞 --- その2 ---

その1から続く

透析クリニックのストレッチャーに寝た状態で、救急車の準備ができるまでの時間に妻に電話。
「あ~ 大変なことになってるようで、これから救急車でK病院へ行くから。仕事よろしくね~」
午前中で学校から帰ってきていた娘を付き添いに行かせるからということだったので、到着まで(ほんの3分程度)出発を待ってもらおうとしたら、「これから大変なことになると思うよ。小学生にはちょっとショックが大きいから、かわいそうだけど乗せない方がいい」と言われ、そのまま出発。

さぁ、K病院に到着するや、緊急口から搬入。「イチ、ニの、サーン」のかけ声でストレッチャーから診察台へ移される。
心電図、エコーなどの検査をして状況把握が済み、主治医が切り出しました。
「循環器内科のMといいます。あなたの状態は、3人に1人がここに到着の時点で亡くなっているであろう状態です。さて、これからカテーテルを入れる手術をしますが、この手術の過程で1500人に1人の確率で死亡するおそれがあります。それを踏まえて手術に同意いただけますか? よろしければここにサインを」
こう言われてサインしないヤツはいないと思うけど、ほんとに有無を言わせぬという感じ(笑)
そりゃそうだ、血管が詰まって心臓に流れるはずの血液が供給されず、心臓の細胞が刻一刻、壊死している最中なのだから。

サインが終わるや否や、シャツ、パンツ、下着、全身身ぐるみ剥がされ下腹部に消毒液がかけられる。水色のシートでくるまれ、右脚の付け根に麻酔。覚えているのは執刀の先生たちが大きなモニタを見ながら「ここだね」「はい、行くよ!」みたいな感じで会話してるところ。30cm四方くらいの板状センサがアームに付いたようなものが、上下左右に動いて始終胸を全方位から撮影している。痛みはほとんどなくてわずかながら胸の奥に鈍痛がある程度。もちろん局所麻酔だから意識はほぼはっきりしていて、よくわからないながらも一緒にモニタを見つめていた。
こうして手術が終了。何分くらいでしょうね、そんなに長くはなかったようです。最後に先生がボクの膝をポン!とたたき、「ハイ!終了。よく頑張りました」

終了後、呼び出された妻と娘が来ていて、ほんの1分程度、会話ができたので 「とりあえず生きてるけど、あとはよろしく~」とだけ言ってCCUへ運ばれました。
手術自体はこんなものでした・・・   しかしこのあと、地獄のような苦しみが待っていたのです。

--- 続く ---

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

心筋梗塞 --- その1 ---

今にして思うと・・・ ってことが約1ヶ月ほど前にありました。部屋で寝そべっていたときに身体の向きを変えた拍子に、右の胸に軽い痛みが起きました。その瞬間自体はウッと言うほどでもなかったけれど、それ以来 何というかあばら骨にひびが入ったときのような痛み、なった人にしかわからないかな~ 笑ったりくしゃみをしたりすると響く痛みですね、あれの軽いヤツです。
座っている体勢からよっこいしょと立ち上がったり、咳払いをしたりして力むと痛みました。
いつしかそれがなくなったなぁと思っていたら、今度は背中が痛み出したのです。ちょうど右の肩胛骨あたりかな。体の中というより背中の筋肉が攣ったような痛みで、指でグゥ~って押すと和らぐような感じでした。
そんなことがあって、しかし日常に影響があるわけでもなく過ごしていました。もちろん、透析クリニックでもこの話はしておきましたし、看護師さんも「何だろうね~」と気にはかけてくれてはいたのですが・・・

4月9日、特に変わったこともなく、大学病院からなかなか眼の手術入院についての連絡がこないので、朝からかかりつけの眼科を受診してきました。帰宅後は普通に仕事をしてお昼ご飯(豚肉入り温麺)を作ったところで、異変が起きました。
右の背中から右上腕にかけていつもの倍くらいに痛みだし、前腕部はしびれてきました。いつもは具合が悪くても食べることができなくなるなんてことのなかったボクが、せっかく作ったご飯を目の前にして箸が進まないのです。以前書きましたように常に寒気というか身体の震えがあり、湯につかると治まるので、このときもまずは、と風呂につかってみましたが一向に回復する様子もなくますます具合が悪くなるばかりで、動悸が激しくなって吐き気もしてきました。普段、熱っぽくても「計ったからって熱が下がるもんじゃないし」とか言うボクが、妻に言われるがままに病院(いつものクリニックの外来)に行ったんですから相当具合が悪かったんですね。

間の悪いことにその日は外来が臨時休診でしたが、顔見知りの外来の看護師さんが理事長先生に連絡を取ってくださり電話で状況を伝えたところ まずは心電図ということになりました。結果待ちの間に理事長先生が来てくださったのですが(たぶん院内で会議かなんかだった?)、心電図を見るなり「○×病院に連絡を取って!救急車の手配!」
ボクは何がなんだかわからぬままにストレッチャーに乗せられ、クリニックの救急車で当地では心臓で評判の高いK病院へかつぎ込まれることとなりました。

--- 続く ---

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

入院雑感

さて、眼の手術のために入院中ですが、来週、造影剤を使った検査をして特に問題がなければ退院というお話をいただきました。腎機能が落ちているため造影剤を体外へ排出することができないので、透析前に検査をするそうです。
月曜は外来の検査予約でいっぱいで透析との兼ね合いが難しいので、水曜日の透析前に検査、早ければ木曜日退院だそうです。

せっかくですので入院中の話を。さすが大学病院ですね、主治医・担当医・研修医の先生がそれぞれ診てくださいます。というか同じような診察を何度もされます(笑)
で、眼を診る時に「まばたきを我慢してくださいね~」と言って先生がまぶたを押さえるのですが、やはり研修医の先生は力の加減がイマイチw まぶたを押さえるというよりも眼球を押さえつける感じで、センセイ、それじゃ痛くてかえってまばたきしたくなりますってば~(口には出さないけど)
ま、大学ですからボクらは勉強材料ということで・・・

次に血液浄化部(いわゆる透析室)ですが、普段の透析クリニックと違って穿刺も先生(つまり医師です)がやってくれますし途中の状態確認にもたびたび来てくださります。なんと透析後の止血も医師や技師の方が押さえてくださるんです。そういえば心筋梗塞で入院したときも技師さんが止血してくれてたな。
で、わかったこと。いつもの自分の押さえ方がかなり強すぎたようです。

ん~あとは・・・ 結構、ご飯が美味しい。病院食って普通、白と緑と茶色ってイメージじゃないですか。でもね、ここのはなんというか食材の色が鮮やかなまま、ちゃんと赤、黄、緑がはっきりとしてるんですよ。パリッとしたものはパリッとしてますし。 もちろん病院食である以上、限界はありますがね。
あと、手術後はしばらく(2週間ぐらい?)洗髪禁止なんですが、なんと、ナースステーションに専用の流しがあって看護師さんが洗ってくれます! ちゃんとあお向けになって洗う美容室と同じやつですよ!
なんて至れり尽くせり・・・ 
それと、最近はどこの病院でも看護師さんはパンツ型白衣が当たり前になっていますが、ここの大学病院では従来のスカート式を着用している看護師さんが結構います。今となっては逆に新鮮な感じがしますね。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

タバコをやめました

お気づきの方もいると思いますが、心筋梗塞で入院したのを機にタバコをやめました。
なんか禁煙というと、またいつかは吸うというイメージ(笑)
ですから「タバコをやめた」と表現します。
まぁ実際のところはやめたというか、吸えなくなったというのが正解でしょうか。

心筋梗塞ですから喫煙は命取りです。ボクとしては「禁煙しました」「また吸うようになった」の繰り返しをしている友人を多く見てきただけに、ここはやはり二度と吸わない覚悟をしないといけないと考えていたのです。ですからやはり何らかのセレモニーが必要です(笑)
退院時、主治医にその旨話したところ、「一本だけ見逃しましょう。命懸けで吸ってください」と言われました。
ところが退院して自宅に戻ったところ、まぁ当たり前なんですが妻がタバコを全部処分しておりまして。
しかたないので1箱新しく買ってきてw「最後の1本」を吸って、残りをポイするという儀式を執り行いました。

IMG_2435.jpg

2週間ぶりのタバコに火をつけ、ゆっくりと吸い込む・・・ むせることはなかったのですが、初めて吸ったときの、あの酸欠で頭がクラクラして倒れそうになる感覚が襲ってきました。続いて、なんと息苦しさと吐き気が! 何とか1本吸い終わるやいなや、床に倒れ込んでしまいました。これはもう、久しぶりに吸ったからどうこうという範疇を超えてます。結局、そのまま二時間ほど気を失ったような状態でブッ倒れておりました。もう吸わなくていいよ! と心底思いましたよ。いや、ホントに。

IMG_2438.jpg

というわけで平成22年4月27日を最後に、タバコをやめたの巻でした。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

眼科手術 無事終了!

眼の手術、ついさきほど終了です。心筋梗塞の話もありますが記憶のはっきりしているうちに眼の方を書いちゃいましょう。

正式な病名は「増殖糖尿病網膜症」となっており、眼球にあけた穴から器具を挿入、硝子体の出血部分を吸引・切除するというものだそうです。また程度は酷くないが白内障がみられ、若年DM患者の場合は白内障の進行が早いのでこの際同時にやってしまいましょうということになりました。
問題としては、出血除去はともかく網膜剥離があった場合はガス注入やシリコンオイル充填で網膜を元の位置に定着させることになり、術後数日(?)うつぶせで過ごさなくてはならないかもしれないとの説明がありました。
また、先の心筋梗塞のステント留置に伴い服用している【バイアスピリン】と【プラビックス】という血を固まりにくくする薬の影響で出血が止まらなくなる可能性が循環器(心臓)の先生に指摘されていましたが、眼科の先生は特に心配しなくてよいというお話でした。

さて、当日は朝食抜きで8時から30分おきに3種類の点眼を繰り返し手術に備えます。術衣に着替え点滴をつけ、いざ手術室へ! ドクターもナースも病棟とは違う白衣(?)だし、ムード満点w
手術台に横たわり血圧計を巻き、指先に血中酸素濃度計をセット、顔に水色の不織布のようなものをしっかりとテープ止めして(手術部位だけ穴があいてるやつ)準備完了です。あと、顔はもちろん口を動かすのも影響があるということで握るとぷぅ~と音の出る赤ちゃんのオモチャみたいなのを握らされます。ところで前日、手術中に流す音楽の希望を聞かれヘヴィメタルというわけにもいかないのでバロック系のクラシックとお願いしていたはずなのに・・・ 流れてきたのは「拝啓 この手紙~」(以下 JASRACに怒られるので略)のオルゴールバージョンw いや、いいんですけどね。

さて、最初は麻酔です。みたら結構長い透析の針くらいありそうな注射器! これを目の下から3回くらい場所を変えつつ打ちます。どんな手術もそうですがこの最初の麻酔注射が痛いですよね。刺すときより薬剤投与中が痛いのはエポジンなどと一緒。
ドラマですと「ではこれより●●手術を開始します。メス!」とか言うんでしょうけど、いつの間にか始まっていた感じ(笑)
メスが迫ってくるのが恐怖かとおもっていたけど、残念! 見えないから手術するんですw
痛くも痒くもなく、でも眼の中で血が流れ出したりその固まりが一瞬に散ったりするのがシルエットになって見えます。油の中に墨をたらしたようなというか、ウルトラQのオープニングみたいというか。
途中眠りそうになって自分のイビキで目が醒めるっていうのを何度か繰り返した後、終了です。時計をみるのを忘れていましたが看護師さんが「ほぼ予定通り」言ってましたから4~50分というところでしょうか。自分的にはもっと短かったような気もしますが。

車いすに座り、病棟の看護師さんが迎えに来るまでの間に、助手の先生から網膜剥離に伴う充填などの追加で必要になったことも特になく、無事終了とのことでした。もちろんDM由来のうえここらあたりまで合併症が進むと、今後仮に血糖コントロールが上手くいっても出血を繰り返すことは避けられない、時間がたてば失明も免れないとのことです。まぁ、その心配はそれまで生きていられればですけどね(笑)

ま、まてよ。失明する前に脚の壊疽で切断したところから感染症で死んじゃうから失明の心配はしなくてよいか。感染症で逝っちゃう前に透析中の血圧低下で死んじゃうから脚切断の心配しても始まらないか。透析中の血圧低下より2回目の心筋梗塞で死ぬ方が先だな。いや、それを心配する前に2012年が気になる~。って考えたら100歳まで生きられそうな気がしてきたゾ ←バカ

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ゴールデンウィーク2010



硝子体出血を起こして3ヶ月、やっと手術にこぎ着けまして地元の大学病院にやって参りました。
昼間は検査のための瞳孔を開く目薬でパソコンはおろかTVすらまともに観られませんのでこの時間の記事エントリです。

さて、GWは透析の合間を使って我が家お気に入りの近郊の温泉街へと行ってきました。周辺には別荘街もあり少しずつ新緑が広がり始めたいい時期でした。冬はスキー場へのベースキャンプとしてよく行くのですが(車で15分くらい)、今年はこのGWにちょうど桜が満開でしたよ。
温泉街を流れる川の土手に続く桜が見事! 遠くに見える残雪の蔵王連峰・・・ わかります?
ここは芝生で犬を連れてくる人もいますし階段を下りれば清流が流れており、お弁当持参でピクニック気分のカップルやら、夏場にはバーベQのグループがいたりします。心配なのは今のところ穴場的な状況なのでマナーのよい方たちがほとんどですが、今後メジャースポットになると常識はずれの迷惑アウトドアキャンパーが増えるかも・・・

とにかく心筋梗塞から生還してちょうど仕事もお休み、とってもいい骨休めになりました。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

また入院です

えっと、前回の入院報告もままならぬうちに明日から眼の手術のために入院です。
こちらは以前から予定されていたもので、上手くいくかどうかは別として命に関わるものではないのでのんびり入院生活を送って参りますw

ではでは

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。