スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDを見て

透析中の暇つぶしにDVDを見ている。そのためにTUTAYAの宅配レンタル会員になって少しずつ借り始めているのですが、自分のコレクションにしたいものは購入もする。
今回気になって買ったのが「NHKスペシャル こうしてベルリンの壁は崩壊した ヨーロッパピクニック計画」というドキュメンタリー。
まぁ内容はリンク先を見ていただけばいいと思うので割愛するけど、これを見て昔のことを思い出した。

ボクはいわゆる全共闘世代ではないしノンポリもいいところのお気楽学生だったが、通っていた高校にもごく一部だがまだその雰囲気が残っていたし、テレビや新聞を見れば世界の動きの殆どが東西冷戦を前提にしたものでした。「ベルリンの壁崩壊」「ソ連の解体」はまさにリアルタイムの出来事だったけれど、中でもここで語られている東欧の国から始まった動きは印象深い。

その夜、横浜から実家へ帰る高速は深夜だというのに大渋滞で、ノロノロ運転と停車を繰り返すなか音楽テープ交換の合間にラジオから流れてきた実況ニュースに耳を奪われてしまった。
「いままさに私の目の前を東ドイツからの国外脱出者の列が延々と・・・」
「ホントかよ、何が起きたんだ?」

今となってはその実況がこの「ピクニック計画」そのものだったかどうかは定かでないのですが、少なくともハンガリー・オーストリア国境を東独国民が超えて西側に流入していた報道だったのは間違いないと思う。

それがボクの生活に影響を及ぼすことはもちろんなかったけれど、このDVDを見て、なんていうか昔の音楽を聴くと当時を思い出して感傷的になる「R35現象」に見舞われたわけです。

ボクの好きなロックバンドに西ドイツ出身の"Scorpions"というのがあって、ベルリンの壁崩壊後の東西ドイツ統合をテーマにした曲がこの曲です。
このDVDの中でも触れられているように、東西冷戦の終結が結果的に良かったことなのかどうなのか、歴史に委ねるしかないようです。
スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

もう疲れたよ

例えば、代替わりした飲食店のおやっさんが店の片隅に腰掛けて跡継ぎの仕事ぶりを見守っている。息子は若さに任せて店を切り盛りするけれども、やはり至らぬ点があってトラブったりもする。そんなときによろよろと現れ、昔取った杵柄でその場を納めてしまう。
あるいは、跡取りが若い発想で新しいことに突き進む中、それを支持しながらも必要とされた時にいつでも立ち返れるように密かに王道を守り続けてくれる。

腎臓をもう要らないよとばかりに引退させるのではなく、隠居させるのだ。2日=48時間のうちダイアライザーで透析するのは8時間、残りの40時間、本当に細々とでよいから腎臓が働き続けてくれたなら。透析導入に踏み切る時点で、腎臓は正常なときの機能の数パーセントしか働いていないと言うが、せめて2パーセントでも働きつづけてくれるだけで透析生活というか医学用語で言うところの「予後」がガラリと変わるのではないか。除水、老廃物の排出はダイアライザーで、造血はエポジンでなんとかするから、β2-ミクログロブリンとかいうやつの排出だけでも担ってくれれば、なんてね。

透析のたびにであるとか、月に一度とかにホルモン剤のようなもので眠りかけた腎臓を叩きおこす。そう、雪山で眠りに落ちそうなヤツを「寝たらダメだ!目を醒ませ!」とビンタ張るみたいにはいかないものか。「もう疲れたよ」とつぶやき意識が遠のいていくネロに、パトラッシュは吠え続けてくれないのか。

まぁ腎機能を再生することが不可能だとしたら、残された方法としてそんなことは誰でも考えるだろうし、当然 もう既に多くの試みがされているとは思うけどね。ダイアライザーの改良・進歩とともに期待したいところです。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

感動ドキュメンタリー

先日のこと。妻が熱心にテレビを見ている。まぁいっつもドラマとか視てるようなんで、またか~って感じだったんだけど、いつもとちょっと違う雰囲気。
「なんかさ、医者にも見放された人が夫婦力を合わせて努力したら少しずつ回復していったっていう実話再現ドラマなんだよ」「なんか参考になるかなって思ってさ」

案の定、しばらくしたらプンプン怒りながら仕事場に降りてきた妻。
「青汁の宣伝番組だった 30分損した~ プンスカ」

いや、ボクはチラ見したとき気がついてたんですけどね たはー

某◎ちゃんねるより引用
--------------------------------------------------------------------------------
> こないだ何気にテレビつけたら、足の不自由な編み物の主婦先生のサクセスストーリーをやってた。
> 他の子供のように遊べなかった学生時代~結婚、海外出張の多いダンナ、
> 入院で転機、編み物店を始める決意、成功…普通の番組かと思って見ちゃってたら、
> 最後のオチ、ここまでやってこれたのはダンナの協力、そして健康のおかげ、
> 私の健康の秘訣はXXの青汁!毎日飲んでます!
> ↓
> XXの青汁のCMへ
> ・・・・コケた。はっきりアナログ表示みたいに通販番組って入れろよ

--------------------------------------------------------------------------------
> 337 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 Mail: 投稿日: 2008/12/27(土) 18:11:44
> やべえwww今日、テレビでミニランドセル職人の感動ドキュメンタリーがあったんだ
> 最初は感動したけど、途中から職人がやけに青汁ばかり飲みだすんですよ。
> ランドセル作ってるときも青汁を飲みながら作ってる。
> そして、職人の両親と子供が登場して一家団欒で青汁飲むんです。
> 番組終了後に青汁の販売が始まりました
>
> 知らず知らずに30分間も宣伝番組見てたYO\(^o^)/

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

気を許すといけないね

透析をはじめて3週間ほど経ちました。いろんな方の透析ブログを拝見し、みんなの除水量はこのくらいか~とか、そんなに増やしちゃう人がいるんだ~とか思っていたんだけど、ボク自身は入院中だったり保存期の時の勢いもあったりで我ながらしっかりと管理できていたらしく、体重増500g、透析中の点滴や生食を含めて1kgの除水とかいう感じで推移していたんです。
ところがここにきて、透析食は保存期に比べて制限は緩くしてよいとか、仮に摂りすぎても透析で排出できるからいいんだなんて気を許してしまったのが運の尽き。
本日は総除水量3.3kg! で、看護師さんに「3時間透析は3kgまでなのよ~。次回から3時間じゃ無理かな~」と宣告されました。でもその辺の変更はドクターの判断待ちなので、今日から心を入れ替えれば間に合うかなと期待してみたり。

そんなわけで今日の透析は3時間、3kg除水で開始したんだけど、前回貧血対策の点滴を追加したら動悸がおきたということでドクターの判断で途中停止。結果的に3kg除水でぴったんことなりました。が、やはり制限いっぱいだったらしく終了まで30分というところで意識がぼ~っとしてきて、血圧計ったら開始時180(これも凄いけど)だったのが100まで落ちてた 絵文字名を入力してください  
で、今日のところは除水を停止して完了、透析後の体重はDWより100g多めに引けてました(笑)

そんなわけで明日からまた栄養管理ソフトとにらめっこすることにしました。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ポータブルDVD

今日は近所の家電量販店に行ってポータブルDVDプレイヤーを買ってきた。もちろん透析中の暇つぶし用です。事前に価格.comで機種を選んでいったのに、いざ現物を見ると上位機種が欲しくなる 子供の頃から機械モノには目がなくて新しいものがでるたびに人柱になって散財してきたボクですが、その癖が出たようです。
幸か不幸か最上位機種を買えるほどにはおカネを持ち合わせてなかったので(それでもかなり奮発して)手を打ちました(笑)

SONYの9インチ、評判通りの高画質、そして6時間という駆動時間は期待通り。あとは何を見るかだ。もともとそれほど映画を見る方じゃなかったので持ち合わせは少ない。この際なのでTUTAYAの宅配レンタル会員にでもなろうか・・・
とりあえず明日は手持ちのソフトから「ゴッドファーザー」でも持っていこうっと。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

クリニックデビュー

これから長いこと、というか、おそらく死ぬまでお世話になるであろう透析クリニックでの初透析でした。まずは透析室へ行く前に併設の内科外来でレントゲンやら心電図やらの手続きです。数年前に亡くなる前の父親がお世話になったことがあったので、そこの看護師さんに「以前父が・・・」とご挨拶。「あの時の息子さんね~、どっかで見たと思ったのよ」 
話せばいろいろあるのですが、どんだけインパクトのある患者だったんだ >父親

さて、そうこうしながら透析室へ。すでに患者さんたちが集合して井戸端会議。「●●さん最近見ねぇなぁ。死んだのか?」「いや、午前透析に移ったんだよ」なんてね。
他にも毎回8キロ増で来る不死身の患者w の話とか、まぁまぁ想像してたけど参考になるのかなんないのか(笑)
みなさん、いつものメンバーという感じだけど、「おぅ、新患さんだね。ゆっくりやっていこうや」なんて声をかけて頂いて。そんな感じの一群がいると思えば、一方では会社帰りのサラリーマンだろうか、スタスタと無言でやってきて、軽く挨拶はするもののご自分の世界を作って(悪い意味じゃないよ)無言でたたずんでおられる方もチラホラ。
それぞれのスタイルで透析時間を過ごしているようです。

さて、ここでは透析はいわゆるベッドではなく、なんつーかぱっと見は茶色いリクライニングソファみたいなやつがメインです。よく言えばコルビジェのようw だし、悪く言えば20年くらい前の雀荘にあったような椅子って感じもするし(笑)
ただ、ボクの指定席は足をおろせない仕様、つまり姿勢としてはは普通のリクライニングベッド、見た目は雀荘の椅子(くどいって)

で、ユーパッチ(ペンレスの即効版ですね)なしで臨んだ問題の穿刺。いや、参った。
痛くもなければ刺し直しもなくあっという間に完了
導入時の病院の例の重鎮をも凌駕する見事な仕事。いや、実にアッパレ。
いつもこうだとしたらこりゃいいわ。
ただ、まだ血管が育ってないので返しのほう(?)は肘の裏側に刺しているので、透析中はまっすぐ伸ばしたままでいないといけないので、そこはちょっとツライ。すぐにぴーぴー警報がなるし。

ま、徐々に慣れていきましょう。


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

退院祝い

退院早々で不謹慎と思いつつ・・・ 外食してきました。以前のエントリに書いたとおり、高校の恩師が退職して蕎麦打ち職人をやってるんだけど、このたびご自分の店を出されたので家族で行ってきたというわけ。
まぁ、自分の店と言っても温泉保養施設の中にあるんだけどね。とはいえ付属の食事コーナーとは別に店があり、蕎麦を食べるためだけのお客もそれなりにいたし、走り出しとしては上々のようだった。わざわざ座敷まで来てくれて、短い間だったけど元気なお姿を見ることが出来た。

蕎麦だけではカロリー不足になるので、天ざるを注文。一日トータルで脂肪がオーバー気味だけど、まぁいいか。それより蕎麦はリンも多いんだね。ま、退院祝いと言うことで(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

退院しました

昨日、2週間弱の入院生活も終わり退院しました。まぁ、このくらいだと「入院生活」というほどのものじゃないんだけどね。 この間、仕事の方を支えてくれた妻に感謝です。
心なしか子供も少し大人になったような・・・ それは願望の思いこみかな。
妻には「どんだけ看護婦さんからかってきたの?」なんて言われたけど、それはその手のドラマの見過ぎ。なんたって高齢者ばっかりの病棟だから看護師さんたちも本来の意味での看護で大忙し、さしあたって自分で何でも出来るボクのような患者と世間話しているヒマなんてないだろうからね。

さて、退院前日にはこれからお世話になる透析クリニックに事前のご挨拶に行ってきました。幸いなことに自宅(=仕事場)から徒歩2分という、コンビニに行くより近い場所にあるんですよ。何かあって追い出されさえしなければ(笑)、恵まれた透析人生を送れそうです。

で、明日からさっそくそこで透析を受けるわけなんだけど、なんと!いきなり診察券が見あたらない(笑) 多分、受け取った後で院内を見学したときに落としたのだとは思うんだけど、さっそくこれじゃぁね、呆れられちゃうだろうな~

ところで明日の透析に使うペンレスがない。素で刺すしかないのかな。ま、いいか。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

導入オリエンテーション

四回目の透析。今日は上腕と前腕に穿刺予定だったのが、またしても予定通りにはいかず。
2人の看護師さんであーでもないこーでもないと頑張っても上手くいかず、やはり重鎮の登場となりました。
それにしてもこんなんで先が思いやられるな~ まぁ、血管が育ってくれば楽になるんだろうけど。

で、透析後にオリエンテーションがあり、最近導入となった患者数名が集合、透析に関するDVDを観ながらお勉強です。
一通り終わった後で質問タイム。すると一人の年輩患者さんが
「なぜ、こういうビデオを透析開始前にやってくれなかったのか、大いに不満である」と。
「他の皆さんはどう思われますか?」と水を向けられてしまいました。

事前に見せられたからって、「大変そうだから透析はしないで別の治療法を」とか選択肢があるなら分からないでもないけど、そういうわけにはいかない以上、どっちでもいいんじゃないだろか? むしろ実際に透析を受けた上で説明を受けるのが理解しやすいと思いますよね。何がそんなに不満だったんだろう???
まぁ透析患者になるという現実を直視したくないとか、不安と怒りのもって行きようがないのかもしれないけど、それを病院側にぶつけたってねぇ。

まさか、「こんなんだったらあの世行きの方がマシ」なんて選択をするつもりだったとか・・・

明日は長年放っておいてどうにもならなくなった歯を抜いて、糖尿病から足の切断を未然に防ぐためのフットケア、その後は栄養指導と予定が目白押しです。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

一時帰宅

さて、日・月と連休、そして本日はボクの誕生日でした。だからという訳じゃないだろうけど主治医の先生から一時帰宅を許されたので 朝、妻が病院まで迎えに来てくれました。とは言え、妻も娘も仕事に勉強にと忙しい毎日なので、前々から見舞いはいらないから時間を有効に使って普段なかなか行けないところに行くようにと言ってあったので、犬とお留守番です。というか、その方がのんびりできて良かった(笑)

そう言えば急性膵炎で病院に担ぎ込まれた30歳の誕生日も病院で迎えたんだったっけ。
あの時は仕事やら何やらで余裕のない時期でもあって、何か独り寂しく迎えた誕生日というような記憶しかないけど、今回は心の余裕が出来たのかな。まぁ成長したというか、誕生日というもののスペシャル感が薄れてしまったのは間違いないですね。

で、家に帰ってふと思ったこと。保存期に買っておいた低タンパク食材、どうしよう?!


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。