お読みください

え~っと、このブログをお読み下さるみなさんへ、あらためて申し上げておきます。

その壱 
献立、栄養成分計算値などは参考値です。間違いや計算違いもあると思いますし、私は医師でも栄養士でもありません。従って参考にしてくださる皆さんは、各自の状態や指導内容に照らして自己責任でお願いいたします

その弐 
私ははっきり言って料理下手です!というか超初心者です。基本的な野菜の切り方から練習している状態です。多くのレシピブロガーさんのような素晴らしいアイディアやレシピをご紹介することは出来ません。あくまで自分の食事記録であり失敗談でありますので、ご承知おきください。

その参 
誠に恐れ入りますが、コメント欄は承認方式とさせて頂いております。不快感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、コメント自体は大歓迎ですので、よろしくご理解くださいませ。

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

鶏肉のフォー

お昼はありあわせで作った鶏肉のフォーです。

鶏のフォー


◆鶏肉のフォー

フォー ......60g
鶏むね肉 ......35g
キャベツ ......25g
ニンジン ......5g
コンソメ ......2.5g
ナンプラー ......小さじ1/2
おろししょうが ......2g
コショウ ......少々

エネルギー 260kcal
タンパク質 11.1g
脂質 1.1g
炭水化物 51g
食塩相当量 1.8g

--------------------------------------------------------------------------------
ショウガがなかったのでチューブのおろししょうが、具の野菜もテキトーだし、やっぱり手抜きですね。朝食の腹持ちがよくってあまり食べられなかったのでこれで済ませたのですが、改めて見るとエネルギーが低すぎ! 案の定、食後2時間で低血糖を起こしてしまいました。今日のは相当酷かった~ 

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ホットサンド

今日は「えちごの食パン」で生まれて初めてホットサンドを作ってみました。

ホットサンド


◆ホットサンド

えちごの食パン ......150g(3枚)
ゆで卵 ......1個
成分調整マヨネーズ ......大1
レタス ......20g
きゅうり ......15g
コショウ ......少々
ロースハム ......1枚(18g)
バター ......4g

エネルギー 646kcal
タンパク質 10.5g
脂質 31.4g
食塩相当量 1.9g
--------------------------------------------------------------------
え~、ご覧のとおり真っ黒焦げです たはー    どのくらい焼いたらいいか見当もつかず・・・ とりあえず「ほんのり焦げのにおいがしたら開けてみよ・・・ あちゃ~っ! きゃー!」という感じです。おまけに片面ずつしか焼けないんですね。きちんと全体に熱が伝わって両面が焼けるものだと思っていました。
ついでにいうと「えちごの食パン」はサイズが合わなくて縁がピタッとならず、焦げたトーストでつくったただのサンドイッチになってしまいました(笑)

実際は上記の具材では量が多すぎたので、余った分は混ぜてサラダみたいにして食べました。「えちごの食パン」1セット(2枚)では足りないし、4枚ではオーバーだし・・・ 残った1枚をさてどうするか。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ゆで塩豚丼

ゆで塩豚

豚バラ肉 ......500g
塩 ......小さじ2

通常は5%程度の塩を使うらしいのですが、減塩になれていればこれで十分と思われます。全体的に塩を揉み込んだら空気が入らないようにラップでくるみ、冷蔵庫で3日程度寝かせます。熟成したらたこ糸で巻き、酒、ねぎ、しょうが(他にも使いようのないニンジンのヘタなど)を投入したぬるま湯にいれて、あくを取りながら2~3時間程度、静かにゆでます。あとはそのまま取り出さずに冷まし、さらに冷蔵庫で冷やすと、次の朝には脂肪が浮いた状態になりますので取り出して完成です。

作り比べたわけではありませんが、水からゆでると旨みがなくなり、熱いお湯からゆでると固く締まってジューシーさが損なわれるとのこと。
私はスライスして練りからしで食べるのが好きですが、醤油を垂らしたり柚子コショウなどがあれば、家族と一緒にいただけます。

問題は塩分をどう計算するか。液体の塩分濃度を測る器具があるということなので、残ったゆで汁の濃度から汁に溶け出した食塩を逆算すれば肉に含まれる塩分が(計算上は)分かるのではと思います。いずれやってみようかな。
で、とりあえず今回は揉み込んだ食塩の半分が肉に染みこんでいるものとして単純に計算してみました。

塩豚丼


◆ネギ塩豚丼
ごはん ......250g
ゆで塩豚 ......50g
ネギ ......40g
しいたけ ......20g
食塩 ......0.3g
ごま油 ......小さじ1/2

エネルギー 650kcal
タンパク質 14.2g
脂質 20.2g
炭水化物 97.4g
食塩相当量 0.8g

-----------------------------------------------------------------------
ゆで塩豚はレンジで少し温めて軽く油が浮くくらいの状態にします。ネギをみじん切りにしてシイタケと一緒に軽く塩炒めします。今回はごはんの上に半分量のネギをのせてからゆで塩豚を並べ、最後にもう一度ネギをかけましたが、順序は好みで良いと思います。
薄ーくスライスすると枚数が稼げてご飯が隠れるくらいになり、見た目にはゴージャスです。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

同窓会

毎年お盆に高校の同窓会があります。卒業生なら誰でも参加できる結構大規模なもので、80歳を超える高齢者から卒業したての大学生まで、恩師も多数ご来場頂き300人規模で開催されるものです。立食形式なので自制心さえあれば(笑)、飲み食いせずにすむので旧交を温めに行ってきました。
その中に2年にわたって担任をしてくださった恩師がおりましたので、ご挨拶がてら現在の病気についてご報告。退職された現在は蕎麦打ち職人という新境地でご活躍のその恩師は私のことを聞くと「オレより先に教え子が死ぬのはつらい、しがみついてでも生きろ」と励ましてくださいました。

その後、同期生だけで二次会となり、近くの居酒屋へ移動。医師、金融マン、SE、公務員、中小企業の経営者、教師、医療技師、ミュージシャンくずれ(笑)、零細自営(←私)など多種多様のメンバーがそれぞれの立場で、政治・経済からいい歳こいてオンナの口説き方まで意見を闘わせて盛り上がりました。奇しくもその10日ほど前に同期生が自宅で転落死という報告があったこと、また健康体であってもそれなりの年齢となってあちこちにガタが来はじめていることもあり、健康管理の話にも及びました。

で、私の摂取量。朝は具なしダシのみ雑炊、昼はダシ割りポン酢大さじ1/2+砂糖小さじ1/4+お湯ででんぷんつけ麺、低血糖の懸念はありましたがしっかりとタンパク質、塩分を調整。というかほとんど炭水化物のみで臨んだ夜は、ビール2杯、焼酎水割り4杯、チャーハン(目分量で100g)、じゃがいもバター1個、レンコンの揚げ物1個、最後に合鴨ロースト3切れ。お酒でカロリーは摂れているとしても、ちょっとバランス悪いですね。水分多いし。

まぁ、すべてを犠牲にして一日でも長生きを目指すのか、自棄になるのではないにしても楽しく生きて終わらせるのか・・・ とりあえず今夜のような日があってもいいんじゃないかと思うんですよね、というかそういう日があるからこそ普段の食事制限にも張り合いがあるといった方がいいかな。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

お盆休み

走る犬


みなさん、お盆休みはいかがでしたか。私は家族と一緒に近郊の貸別荘でリフレッシュしてきました。お供はジンゾウ先生でんぷん生ラーメン、アプロテン低タンパクパスタと越後のピザクラストです。ご飯も炊くことが出来ましたので、シメジとネギをげんたつゆで炒めてご飯に混ぜ込んだり、地場でとれた野菜を買ってパスタにしたりと、いつも以上の低タンパクメニュー。
それもこれもせっかくの休みなので、地元の旨い蕎麦屋だとか牧場内にあるBBQガーデン等に家族を連れて行きたかったからです。私もちょっとご相伴して更科粉の白い蕎麦で天ざる、ラム肉を目分量で(汗)40gくらい、搾りたての牛乳などいただいてきました。

娘はアイスクリーム手作り体験や手作り陶芸教室などに参加していたようですが、その間私は留守番、敷地内で愛犬を思い切り走らせてあげました。ごらんの通りジャックラッセルテリアなのですが、興味をそそる対象や獲物と思ったものがあると鉄砲玉のようになってしまうので、普段はドッグランなんかでも他の犬がいる場合はノーリードで遊ばせることが出来ません。えぇ、躾が行き届いてないだけなんですけどね

でも、今回意外と小心者らしいということがわかりました。林の中で走り出しても私が見えないところまで行くと立ち止まって不安げに待っていますし、声をかけて逆方向に私が歩き出せば慌てて追いかけてくる。
そんなわけで、半分獣道みたいになっている深い森の遊歩道を見つけたので、他の人がいないであろう早朝に、探検ごっこをしてきました。

この夏休み塾の夏期講習や、学校のブラスバンドの練習なんかで屋外で汗を流す機会が少なかった娘も、思いっきり夏を満喫してくれたようです。ちなみに今日から塾の合宿にいっちゃいました。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

のりPですかそうですかw

さて、賑わいを見せている【シャブP】事件(笑) 私はちょっと騒ぎすぎじゃないかと思うんです。「清純なイメージの彼女がなぜ?」なんてのは違うと思いますよ。たとえば「芸のためなら女房も泣かす~」ってありますよね。もちろん不倫と犯罪を同一にすることは出来ませんがそれはそれで、いち犯罪者として罰すればいいことです。巷間囁かれているようなプロダクションぐるみじゃないか、芸能界全体に広がるんじゃないか、裏組織とのつながりは?なんて問題も、あくまで犯罪捜査の一つとして淡々とかつ厳正に追求すればよい。
芸能人とは?芸で楽しませるとは? それはひとつの形や夢を示すことじゃないかと。上の「芸のためなら~」はそういったことを経験することで芸の幅を広げ、深みを持たせる。そこで「あの有名人が不倫!」と騒いだところで、じゃぁ品行方正にしてつまらない芸をされるんじゃカネ払いたくありませんよ。「吉永小百合は排便しない伝説」とか「ナゾの叶姉妹の資金源」、なんだっていいじゃないですか。サユリストと呼ばれる熱狂的なファンは銀幕上の吉永小百合に恋しているわけだし(たぶん)、なんだか知らねぇけど叶姉妹はそのゴージャスな(たぶん創られた)キャラが女性の憧れになったりお茶の間の嘲笑の対象になったり・・・ それでいいじゃないですか。それこそがザ・アイドル(偶像)だと思うのです。

私が好きな音楽のジャンルの一つであるヘヴィ・メタル、とくに80~90年代に活躍したロックミュージシャンなんて、その殆どが犯罪予備軍か人格破綻者かといった連中であり、だからこそのエキセントリックさ、破滅感がただよう作品になっていると思うんです。
クラシック音楽の輝く作曲家たちだって、人生を棒に振らされた女性たちはたくさんいただろうし。でも奔放に生きてきたからこそ生まれた名曲だってあるわけですから。
私はそこから生まれてくる作品やスタイルが好きなだけで、「ヤツらの生き方自体がロックンロールだ!」とは思っても、自分自身の生き方を同じようにしようとは思いません。あくまで疑似体験させてくれるアイドル(偶像)なんです。

まぁ有名人ですから、そのへんの学生が大麻を吸った、なんて事件の5割り増しの扱いになるとか、一部の芸能ニュースを賑わせているんなら正しいあり方なんでしょうけど、NHKがニュース番組のトップに持ってくることか?! わざわざ特番組むまでのことか?!>TBS ってなもんです。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

Dona Dona - デスメタルVer. -

それまで大切に乗っていたバイクや車を手放し、引き取られていくことを「ドナドナされていきました」などと表現します。これはもちろん、日本で童謡としても歌われてきた「ドナドナ」から来ています。
まぁおおざっぱに言うと、仔牛が市場に売られ荷馬車で連れて行かれる、本能的に自らの死を悟った仔牛の哀しそうな瞳・・・ という内容ですね。

いくつかのウェブサイトで解説されていますが、一説として、ユダヤ人の妻と息子がナチスによって捕らえられてアウシュビッツに連行されていく(即ちガス室送り)ときのことを歌ったものというのがあります。ヘブライ語で「主よ」という意味の「アドナイ」を隠語で表したのが「ドナ」であるとのことです。

真相は分かりませんが、そう思いながら聴くといっそう哀しみが深くなります。

で、内外の多くのアーティストが歌っているのですが、こんなものを見つけました。うるさい音楽が苦手な人は聴かない方がいいかも(笑)



もともとの静かに歌いあげるのもいいのですが、死あるのみの強制収容所、人間の狂気、といったキーワードとデスメタルというのはアリだと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

トマトリゾット

和食は手間がかかる、中華は塩分や脂肪が高いということで、イタリアンっぽいのが多くなりがちです。この病気になる前はチーズをやたら使う高カロリー食といったイメージが先行していましたが、今の栄養制限には合ってますね。もちろん見た目的にも華やかで、ブログに載せたときの見栄えのよさからついつい、というのも大きいですけどね。

トマトリゾット

--------------------------------------------------
◆トマトリゾット
 ごはん .............200g
 しめじ .............30g
 えのき .............20g
 タマネギ ...........45g
 ピーマン ...........20g
 にんにく ...........2g
 コンソメ ...........2.5g
 白ワイン ...........大さじ1/2
 オリーブ油 .........小さじ1
 トマト&ガーリック
    (カゴメ既製品)......大さじ2
 低塩ケチャップ .....大さじ1
 パルメザンチーズ ......大さじ1/2
 バジル・コショウ ......少々

エネルギー 481kcal
タンパク質 9.5g
脂質    8.3g
炭水化物  89.9g
食塩相当量 1.9g

--------------------------------------------------
残りご飯を処理するときはどうしてもこういうものになっちゃいます。後からコンソメとか塩を加えるだけで普通の食事にできるので、休みの日に子供とシェアするには都合が良いということもあります。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

鶏の皮 カレー炒め

タンパク質摂取に余裕がなくてカロリーを稼ぎたいときはやはり脂肪に頼ってしまいます。天ぷらなんかがいいのでしょうけど手間もかかるし・・・
という時のお助けアイテムは「鶏の皮」です。

鶏の皮カレー炒め
--------------------------------------------------
◆鶏の皮カレー炒め
 鶏の皮      .............60g
 アスパラガスゆで .............25g
 ニンジンゆで   .............30g
 水煮たけのこ   .............20g
 カレー粉     .............小さじ1
 塩コショウ    .............1g

エネルギー 338kcal
タンパク質 7.6g
脂質    29.8g
炭水化物  7.4g
食塩相当量 0.9g
--------------------------------------------------

はじめ弱火で加熱し、油が出てきたら強火にしてカリカリに焼き上げます。いったん火から下ろして他の材料を調理して最後に再び混ぜればできあがりとなります。
今回はタケノコ、パクチーの葉を使ってエスニックに仕立てました。
他の鶏料理のときに皮だけ剥ぎとって小分けにして冷凍しておけば、こまめな調整が可能です。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク