スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポークチャップとグリル野菜

未だ愛犬の死から立ち直り切れてない私ですが、だからといってやけ食いができるわけでもなく。
本日は朝食・昼食がかなり質素でしたのでちょっと豪勢にいっちゃいました。

ポークチャップ

------------------------------------------------------------------------
・ポークチャップ
  ぶたロース .........80g
  小麦粉 .............小さじ 2
  食塩 ...............0.1g
  オリーブ油 .........小さじ 1
  マッシュルーム .....15g
  トマトケチャップ ...小さじ 1
  減塩中濃ソース .....小さじ 1/2
  レモン果汁 .........少々
  赤ワイン ...........大さじ 1

・グリル野菜
  にんじん ...........20g
  アスパラガス .......30g
  かぼちゃ ...........30g
  クリームチーズ .....大さじ 1
  調整マヨネーズ .....小さじ 1
  オリーブ油 .........小さじ 1

・かき玉中華スープ
  たまねぎ ...........10g
  鶏卵 ...............17g
  鶏がらだし .........160cc
  片栗粉 .............小さじ 1/2
  塩胡椒 .............0.5g

・ふつうごはん .........200g

-----------------------------------------------------------------------
エネルギー  838kcal
タンパク質  27.9g
脂質     35.0g
炭水化物   94.8g
食塩相当量  1.6g

なんかね~、これで食塩相当 1.6g ってホントですか? って感じですね。もう薄味に慣れたというか素材の味、たとえば豚肉そのものの味がメインで、ソースは飾りみたいな感覚です。それと、普通は最後に表面に塩味をつけると少ない塩で味がしっかりするといわれているようですが、私の場合は下味を付けた方が満足します。

それと、今回は業務用の鶏ガラを買ってきてダシをとってみました。出汁パック状に不織布みたいなのに包まれた状態で売られており、初めから粉々に砕いてあって15分で出汁が出るという説明でしたが、調子に乗って2時間も煮込んでしまったら白く濁ったものになってしまいました(爆) もっと煮込むと白湯スープになるのかな?
本来ひとパックを9リットルの水で煮込むのですが、まさか商売じゃあるまいし、1/3にバラして残りは冷凍保存しました。


スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

悲しい・・・

我が家の愛のうち一頭が死んでしまいました。病状については先日のエントリでご報告いたしましたが、獣医さんの説明はこのままではあと二週間が限度で、膵臓の炎症部分を切除しても腎不全である以上わずかな延命になるだけで長くはもたない、最悪、その切除手術の麻酔から目覚めることなく死亡する可能性も高いとのことで、手術をお願いするかどうか土日で考えて返答すると言うことで入院させました。結局手術も延命措置もとらずに、私と妻で昼夜交代で最期を看取ってあげようと決め、月曜日に引き取りに行くつもりでいたのですが・・・

月曜の朝、最悪の連絡が入りました。日曜の深夜に先生が巡回した時点ではしっぽを振っていたらしいのですが、朝にはすでに死亡し、死後硬直が始まっていたそうです。まだ6歳半、人間で言うと42歳程度に当たる早すぎる死でした。週末の時点で決断して家に連れ帰っていれば、最期を看取ってあげられたのに、あと数時間でも違っていれば、先生が看取ってくれたのに、一人寂しく旅立たせてしまうことになってしまい、悔やんでも悔やみ切れません。
好きの方ならご存じだと思います『犬の十戒』、その最後の項が果たせませんでした。

もう一頭のも悟ったようです。あれだけさんざん意地悪をして、いつも横取りしていたボールをくわえてきて、コロンとその亡骸の前に転がしてくれました。偶然?そうかもしれませんね。あはは・・・  泣き顔

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

検査結果

前回は我が家の犬の病状をエントリしてみましたが、今回は私自身の病状についての報告です。

           今回   5月   4月
--------------------------------------------------------------------
BUN ........... 62    65    61
CRE ........... 6.13  5.69   5.94
--------------------------------------------------------------------

まぁこれはいいとして(?)、実は自宅畜尿の検査をしました。二層構造カップの上層に尿を採取、中間壁についているコックを開閉して二重底の下の部分に採取尿の1/50量をサンプリングするというものです。腎不全なので24時間でも総尿量はそんなに多くないのですから、その1/50となるとホントにちょっぴりです。しかし、それを検査するとその日に摂取したタンパク質と塩分が分かってしまうというすごい検査です。

その結果は・・・ ジャーン!!! タンパク摂取量 40.42g 塩分摂取量 2.40g と出ました。塩分摂取量についてはいくつかの要因で誤差があるらしいのですが、それでもプラスマイナス 20%程度の正確さだとのこと。そこで毎日の栄養を管理しているソフトの数値と照らし合わせたら・・・ タンパク質 38g、塩分 3.2g となっていましたので、タンパク質については概ね自己管理がうまくいっており、塩分についても自分の計算が厳しすぎたということになりますね。現在はデジタル式の計量スプーンを使っていますが、この時点では例えば食塩ひと振り何g といった概算で入力していましたからね。

実は「これだけ頑張って食事を計算して自己管理しているのに、『ブブ~ あんたの計算は大間違い~』という結果が出たらやる気が失せるよ~」と思っていたのですが、これでモチベーションが保てました
さぁ、今後も頑張るぞ! 顔

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

あらたな衝撃

BUN      86
クレアチニン   4.1

先日帰ってきた検査結果の抜粋です。といっても私のものではありません。なんと我が家の愛の検査結果です。まぁ、人間との数値を比べてもしょうがないんですがね、この指標のところにしっかりと丸印がついてあるとなればピンとくるじゃないですか・・・ 膵炎と腎不全だそうです。
何も食べてくれません。たまにエンドウ豆を数粒食べる程度で、あとはにおいを嗅ぎはするのですがそっぽを向いてしまいます。フードを変えても、肉・野菜・魚、ホントはだめだけど人間のお菓子など、いろんなものを試していますがダメ。
でも、「散歩ッ!」と声をかけたり首輪を手に取ると、ヒョイと飛び上がりしっぽを振ってきます。雨の合間をとらえて数分ですが外に出ると、以前ほどの力強さはないにせよ、グイグイと行きたい方へ引っ張るなど、元気そうな面を見せてもくれますが、獣医さんによれば「ずいぶんと我慢強い性格で、無理して元気を出しているのでは・・・」とのこと。確かに普段からそういう性格のではありました。
ここのところは毎朝仕事の前に獣医さんへ連れて行き、夕方迎えに行くという繰り返しですが、最近は病院へ行くのをいやがるようになり、車から降ろすと訴えるような目でこっちを見つめて「行きたくないよ」と踏ん張ります。

本当はもっともっと散歩や運動に連れて行きたかったのですが、私の体調がこんな状態なので、どうしても回数が減りがちでストレスがたまっていたのであろうことは想像できるだけに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

三種盛り

現在、私の食事は基本的に自分で献立を考え自分で作っているのですが、やはり家族の食事との兼ね合いが難しいというのがあります。指導書によっては「家族の健康のためにも食事全体を薄味にして、肉・魚といったタンパク質の量を加減することによって一家が同じ食卓を囲めるようにすると、各自の負担も少ないうえに患者一人が疎外感を味わわずにすむ」というように書いてあります。
もちろんそれが理想ですし、うちの妻などは「何もしてあげられなくて申し訳ないから、せめて食事は協力させて」と言ってくれます。
が、私としては他の家事全般はもとより、仕事を私と同じかそれ以上に担ってくれている妻には負担をかけたくありません。しかも食べ盛り伸び盛りの子供の食事や生活、教育面とやってほしいことは山積みですから。

でもホントのところはそんなんじゃなくて、単に自分でやってみたいのですよ。
ほら、【男の料理】とか流行ってるでしょ。うーん、それとも違うかな・・・
見るからに武骨なボクちゃんがエプロンなんかしてタマネギのみじん切りに四苦八苦するのってなんか可愛いでしょ? みたいな? エプロンはしてませんけど  たはー
それはともかく今日は柄にもなくお上品チックに人参サラダ、鶏のガーリックトマト添え、ポテトサラダの三種盛り(?)です。ポテトサラダは妻が作ったタネを使って調整マヨネーズとフレンチドレッシングで和えました。

IMG_1800.jpg

------------------------------------------------------------------------
・ポテトサラダ
  じゃがいも..................22g
  キャベツ.....................5g
  きゅうり.....................5g
  ロースハム...................2.8g
  成分調整マヨネーズ...........小 1/2
  フレンチドレッシング.........小 1/2
・人参サラダ
  人参........................30g
  食塩.........................0.1g
  オリーブ油...................1.0g
・鶏のガーリックトマト添え
  鶏むね肉...................35g
  片栗粉.....................小 1
  サラダ油...................小 1
  おろしにんにく.............小 1/4
  トマト&ガーリックソース...大 1/2
・ご飯 .......................200g
------------------------------------------------------------------------
エネルギー 541kcal
タンパク質 13.1g
脂質    15.0g
炭水化物  84.1g
食塩相当量  0.6g

ウチの妻が苦手なので、ポテトサラダにタマネギが入っていません(笑)
鶏肉は片栗粉をまぶして多めの油でカリッと焼いて(揚げて?)あります。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ビビンバ

朝・昼と和食系メニューで普通に食べたつもりでしたが、計算してみるとタンパク質、塩分ともに意外と低めの値がでましたので、夕食にビビンバを作ってみました。もやし、ほうれん草のナムルと大根&人参のチョナムル(なますみたいなやつ)を用意、肉は家族の食材にあわせて合い挽きにしました。

IMG_1795.jpg

---------------------------------------------------
ひき肉..........50g
おろしにんにく...6g
もやし..........40g
ほうれん草......40g
にんじん........20g
だいこん........20g
ネギ............10g
減塩しょうゆ....小さじ 1強
砂糖............小さじ 1/2
ごま............小さじ 1+1/2
ごま油..........小さじ 1+1/2
酢..............小さじ 1
コチュジャン....大 1/2

---------------------------------------------------
エネルギー 600kcal
タンパク質 19.1g
脂質    17.1g
炭水化物  90.3g
食塩相当量  1.7g

ご飯の一部をフライパンで焦げ目をつけて石焼き風にしました。ナムルそれぞれの味はバッチリ!なのですがチョナムルの分量が多かったようで、全体のバランスとしては酢の味が強すぎて要リベンジといったところでしょうか。卵黄でも落とせばいい感じなんでしょうけど、そこはガマン。挽肉を煮込んで白髪ネギをあしらってコショウをふっただけのスープ(というかただのお湯)をつけてみました。というと味気ないように聞こえますが、主食の味がしっかりしているぶん、むしろいい口休めになります・・・というかそう思わないとね。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

タイ式グリーンカレー

今日は以前から計画していた自家製タイ式グリーンカレーに挑戦しました。15年ほど前、友人にあの有名なタイカレー店『メーヤウ』に連れて行ってもらってから、タイ式カレーの虜になりました。今ではいろいろなところから自作キットやレトルト製品がでていますが、ご多分に漏れず塩分がかなり高めでおいそれとは口にできません。自作キットによってはナンプラーの使用量で塩分調整もできそうですが、どうせなら自分で作っちゃえということになりました。

IMG_1792.jpg


材料の殆どが五訂増補日本食品標準成分表に載っていないものなので正確な栄養価計算はできませんでしたが、塩分についてはナンプラーがその大半でしょうからタンパク質・塩分に余裕のある日 たはー を選んでやってみたわけです。

-------------------------------------------------------
  グリーンカレーペースト
    香菜(パクチー)
    レモングラス
    青唐辛子
    バジル
    タマネギ
    にんにく
  
  パプリカ
  ナス
  鶏肉
  カレー
  ココナッツミルク
  ナンプラー
  サラダ油

-------------------------------------------------------

自分的には、まぁ満足でした。難を言えば塩っ気が足りないのは仕方ないとして、いまひとつ辛みにパンチが足りない感じがしましたがこれはなんとでもなりそうです。砂糖をちょっと加えた方が辛みが引き立つのかな。ココナッツミルクはパウダーを溶いて使いましたが、濃度が薄かったかもしれません。でも家族にいやな顔をされるほどの匂いで雰囲気はバッチリです。いずれにせよペーストは作り置きを冷凍してありますので再チャレンジしてみます。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

死ぬかと思った

先週末、久々にを呑みに行ってきました。もともと20歳代は一升瓶を抱えて呑み、30歳代で糖尿を患ってからも一晩でウォッカボトル一本近く空けるという感じでしたので、それなりの量ではあったと思います。が、元々は呑める方だが呑まずにはおれないというわけではなく、40歳代になってからというもの家には料理とお歳暮等でいただいたビールがあったくらいで(それも呑まずに誰かにあげてしまう)、まぁ週に一度、行きつけの店で三時間ほど呑んで歌って十分という生活でした。
この4月に退院してからは、一度仕事の会合で乾杯ビールに口を付けた以外としては初めての飲でした。ビールをジョッキで2杯、スコッチを水割りで5杯程度? しかし!

帰宅すると吐きまくったわけです がっくり  翌朝も大変です。それでも子供の手前、ダメ親父にならぬよう起床後はしっかりと平静を装ってインスリン投与~朝食とこなしましたよ。必死でね。まぁ二日酔いということで塩分を極限までカットした「具なし味なし雑炊」です。
で、日曜だというので妻と子供が外出したのをいいことにまた布団に潜り込み数時間・・・どうやら二人が帰宅したようで、物音で目が覚めたのですが汗びっしょり。そう、低血糖です。やばいと思ったときには体はいうことを聞かず、枕元の内線電話で助けを求め、血糖値測定すると、なんと38mg/dl! 絵文字名を入力してください  
当然手は発作でブルブル震えてますから測定が失敗だったのかもしれませんが、それにしてもこの数値はないだろ! もう必死でブドウ糖チョコレートをポカリスェットで流し込みましたよ。
あの時、家族が帰ってきてなかったらと考えるとゾッとします。「急いで何か作るよ!何がいい?」と妻が言ってくれたのですが、呂律も怪しくて上手く伝わらず、「塩分もタンパク質も考えないでいいからとにかく何か食わせてくれ~」とだけ言って突っ伏してしまいました。 あとは発作が治まるまで朦朧としていたのでよく覚えてませんが、「旨いよ、コレ、旨いよ~」と涙を流さんばかりにラーメンをすすっていたそうです(笑)

今までも低血糖症状が出たことは数え切れないほどありましたが、「を、来たぞ、そろそろ手が震えるぞ、低血糖なんてオレも血糖コントロール上手くいってるじゃん」などと言ってる余裕がありましたが、今回だけは死ぬかと思いました。
そういえば以前、糖尿病の教育入院した時に「を呑むと次の朝は血糖が下がるんだよな~ 血糖管理には酒が一番さ」などとうそぶいていた爺さんがいたっけ  汗;

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村 テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。