スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやぁ、大変なことになってしまった

昨年末より右足の中指にまたまた潰瘍ができてしまい、例によって大学病院にて通院しながら様子を見ていました。同時並行で、J病院にて両足のフットケア外来にてそれ以外の足のメンテナンスを受けておりました。大学病院が「いまここが悪い」というところを集中的に加療するのに対し、J病院では悪いところがあってもなくても、定期的にいらっしゃいというスタンスでしたからね。
そんなある日、いつものクリニックで透析中に急に具合が悪くなり、ぐんぐん熱が上がって39℃以上になってしまって家族が呼ばれて命からがら帰宅しました。
クリニックでの検査ではインフルエンザは陰性、とにかく一晩休むことになりました(正直言うとこの晩のことはほとんど記憶にないくらい具合が悪かったのです)。
明けて翌日、熱は下がり、すっかり普通に戻っていました。念のためクリニックの外来で診察を受け、改めてインフルエンザではないということで、再び様子見となったのです。

さて、さらに翌日、左脚が結構な痛みとともにパンパンに赤く晴れ上がり、さぁ、これは何かあるぞということで、J病院へ。
するとなんとそのまま緊急入院! 病名は「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」
足のどこかの傷口から侵入した細菌が、皮膚の深層で繁殖し炎症を起こしてしまう病です。
腫れ、痛みとともに高熱を発症するという、私のケースそのままです。特に加齢や糖尿病、免疫不全などによって免疫力・抵抗力が低下していると一気に感染が重症化するとのこと。
そして最悪なことに、普通の人ならば一週間程度で回復するらしいのですが、私の場合重傷の閉塞性動脈硬化症、つまり血の巡りがほとんどないので、治りがよくない。結局、私の場合は一気に足が壊死をおこしていきました。
ホントにあっという間でしたよ。
ここからグロ画像、注意!

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

はる

Author:はる
仙台市在住。おっさん。糖尿病の果てに慢性腎不全を併発し、2009年10月から人工透析を開始、2011年には心筋梗塞、2012年には大動脈弁狭窄症となり機械弁置換をしました。娘を東京の学生生活へと送り出し、現在は妻と犬2匹の生活を送っています。
2017年4月、閉塞性動脈硬化症の悪化により左脚を膝下より切断。義足生活に対応すべく、現在リハビリ中。

最近の記事+コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング参加バナー
ブログランキング参加バナー
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。